高校生が自分を変えようと思って海外一人旅をした結果

Pocket

僕は高校2年のときの夏休みを使ってタイとカンボジアに1ヶ月間一人旅をしました。

昔から海外に行くこととが夢だったのですが、僕が一人旅をしようと思った理由の一つに海外に一人で行けば自分が何か変わるんじゃないか?と期待していたことがあります。

今回は海外を一人旅することで自分を変えることができるのか、自分を変えてくれる国ってどこだろうかについて話したいと思います。

スポンサーリンク

 

一人旅で自分を変えられるのか 

結論から言うと変えられると思います。

ただ前提条件として自分を変えるには変えたい自分の像がわかってないと変えようがないということを理解してください。

漠然と変わりたいって思っているのは現状に満足はしていないけど、別に頑張りたくもないっていう証拠でもあります。

変わりたいなら本気で考えてみましょう。

ぐってぃ
自分の変わりたい姿がないけど変わりたいっていうのは景色のいいところに行きたいけど、どんな景色が見たくて、どこに行きたいかもわからずに駅員さんに「景色のいいところまでの切符をください」っていうのと同じやで。

 

自分を変えたいのであれば、どこを変えたいのか、どんな風になりたいのかを決めましょう。

「そんなこと言われても全然思い浮かばない」って人はこちらを参考にしてみてください。

なにをすればいいかわからない時にするべきたった1つのこと

2017.08.09

それでは、僕が海外に行くことでこんなことを思うようになるかなぁと思ったことを挙げます。

 

一人で行動できる

結構学生には一人で行動してる事を恥ずかしく思う人が多いって感じるんですよ。

四六時中仲いい人と移動したりつるむ必要はないし、本が読みたい気分の時は一人になって読めばいい。
別に一人でいることは友達がいないことでも寂しいことでもないから。

ただ、群れるヤツがだめというわけでも、いつでも1人でいろというわけでもありません。他人と関われる能力は必要です。

ぐってぃ
一人になれ。と言っているわけではなく一人になれるようになったほうがいい。

外国に行くまでの手配、計画を僕一人でやって、たまに現地で会った日本人と一緒に行動することもあったけれどもほとんど一人で行動した。

もともと常に友達といないとダメっていうタイプではないのでこれは実感しませんでしたが、ひとり旅をすることで「常に誰かと行動する必用なんてない。」と実感する人もいるかもしれません。

 

海外に行くことで自分の生きている世界は日本だけではないと実感できる。

僕は海外に行くまでやっぱり海外っていうイメージが漠然としてたんですよね。

でも行ってみるとやっぱり居住区が違うだけで同じ人間が生きているんだなぁと実感しました。当たり前の事ですがね(笑)

ぐってぃ
でもやっぱり海外に行く前はなんだか自分に関係のない遠いモノのような気がしていたなぁ。行く前と言った後じゃ世界のとらえ方は変わる。どこか遠くの場所じゃなくて自分の居住区なんだってわかるようになった。

つまり一度海外に行くと世界はこんなにも身近にあるということが実感できます。
大体の国は24時間以内に行けますからね。
確かに世界は広いけれども自分の行動できる精神的範囲がぐっと広がり、体感的に外国が近くなります。

 

海外に行くことの躊躇がなくなる

まず、パスポートさえ取っていれば、思い立ったらすぐに海外に旅立つことができるようになります。

パスポートの取得には時間がかかりますからね。時間的な意味でも次に行きたいときに躊躇する時間が少なくなる。

そしてもちろん一回海外に行くとまた次に行ときのハードルがかなり下がります。若いうちにこのハードルは下げておくのはいいことかもしれません。

別に必要なものは現地で買えばいいんだし最低バッグ一つで海外に出られますからね。

スポンサーリンク

自分を変えてくれる国はどこか

僕が思うに旅行自体、特に一人旅、特に海外一人旅はどこに行こうと自分を少しでも変えてくれる。

この国に行ったから私の人生は180°変わったんだ!っていう人もいるだろうし僕もそれを求めていた。きっとそういう体験をしたい人に必要なのはその国でいろいろなことに挑戦し受け入れようとする姿勢なんだと思う。

ぐってぃ
つまり偏見を捨てる事。蜘蛛の揚げ物を食べる文化を嫌だと思っても「それも一つの文化」として尊重できること。そして可能ならそれに挑戦してみるのが大事。

僕は挑戦する心が足りてなかった。

別に蜘蛛を食べれなかった。とかじゃなくて

初めての海外に結構萎縮してて夜に出歩くのは危ないとか、話しかけてくる人は全員カモにしようと企んでるひと(その通りなんだけどもう少し挑戦してみても良かった)とか、そういったことばかり考えすぎていた。

高校時代1カ月海外旅行をして後悔したこと。次の旅行で改善したいところ。

2018.02.22

ただそういうことばかり考えてると行ける場所も少なくなって、現地の人との交流も少なくなる。

最初の海外旅行はそんなんでいいのかな、とも思う。次からでいい、次はもう少しいろいろなことに挑戦してみようと決心した。

 

だからこの国はあなたが行けば絶対人生が変わる!自分が変わる!自分が見つかる!なんて国はない。

そしてどんな国でも、日本でさえも挑戦し受け入れる姿勢があれば人生は変わるだろうし自分を変えるチャンスもいくらでもあると思う。

ぐってぃ
挑戦するってことは今までの自分ができなかったことをやるってこと。つまり、今までの自分に新たな経験が+1される。
その時点であなたは自分を変えた。っていう事実があることを理解するべき。だから日本でも自分は変えられるってこと。

 

僕は発展途上国をおすすめする

ただそれではどこの国が自分を変えられるのか答えになってないので、どこに行くか悩んでる人(あくまでも悩んでる人、行きたいところがある人はそこに行くべき)には発展途上国に行くことをおすすめします。

理由は2つあります。

一つ目は

国の雰囲気自体が違うものだから

日本は先進国です。アメリカも先進国です。ヨーロッパも多くが先進国。

そこら辺の国は路地がきれいなところが多く、建物もしっかりして、スタバがある。

そう、極端に言えば日本でも見られる風景の別の地域バージョンなんだ。もちろんそれぞれ個性があるから、感じるものは違うんだけど。

この記事は自分を変えるため。という主題で自分を変えるためには多くの事に挑戦するべきって言いましたね。

挑戦すべき目新しいことの母数が圧倒的に発展途上国の方が多い。

露天で生きたニワトリが売られてたり、目の前で生きたまま捌かれたり。その新鮮さに感動したり。

生きてる豚3匹乗せて「ブーーーーー」って鳴き声響かせながら砂の道路を走っているバイクを見たり。

冷水しか出ないシャワーを浴びたり、そもそも水が出なかったり、トイレに紙がなくて水で洗い流したり。

文化が発展すれば発展するほど、命を頂く、それを排泄する。といった生きるという生々しさから離れるようになる。そんな先進国で生まれ育った僕らには一瞬「え、、、」って躊躇しちゃうようなことが多い。

ぐってぃ
人間という生き物のリアルが先進国より少し多く残っている発展途上国はとても挑戦や非常識を体験する機会が多い。同時に得るものも多いからおすすめ

もちろん僕が行った発展途上国のタイにもスタバはあるし、しっかりとした高い建物がある。だけども少し中心地から離れると発展途上国の顔が見れるから問題はない。

そして、その発展がもう一つの理由。

 

発展途上国はいつか発展しきってしまうかもしれない

だって発展途上国って発展途上でしょ?もしかしたら発展してこの世から発展途上国がなくなるかもしれないじゃん(恐らくありえないけれど)

でもやっぱり発展途上国の発展速度は目まぐるしくて多分あと5年後とかにはすごく景色が変わってるんだろうなって思う。だから今のうちに発展途上国に行くといいと思う。

 

ちなみに僕は本当はインドに行きたかったのだけれども、いろんなサイトを見ていく中で初めての海外、初めての一人旅でインドはちょっとハードル高いかな。と思って最初はも少し軽めの国に行って、まず海外でひとり旅をすることを学んでからにしようと思ったので行きませんでした。

タイとカンボジアに行って一人旅も大丈夫かなって思ったので、次はインドか美容師さんに勧められたニューヨークに行こうと思っています。

ぐってぃ
先進国の良さも知っとかなきゃいけないからね。

 

まとめ

・自分を変えてくれる国はどの国でもなり得る。日本でも。

・発展途上国には今しかない景色がたくさんあると思う。もちろんどこの国もそうだろうけど発展がめまぐるしいので

・自分を変えようと思うときに必要なのは変わろうと思う姿勢と受け入れる姿勢。

・初めて海外一人旅をすることは紛れもない挑戦なので自分が変わることは間違いない。

・ただどんな条件であろうと自分の変えたい姿が思い描けていなければ意味がいない。

ゲイに囲まれた。1時間後に死んでいた?高校海外一人旅の危なかった体験

2018.02.25

高校時代1カ月海外旅行をして後悔したこと。次の旅行で改善したいところ。

2018.02.22

なにをすればいいかわからない時にするべきたった1つのこと

2017.08.09
スポンサーリンク
Pocket

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

ぐってぃ

地方の公立大に通う2年生です。 新卒でニートになるために日々精進しています。   高校生の時に禁止されていたバイトをひっそりとやって貯めたお金でタイとカンボジアに1か月間一人旅をしてきました。     過去の自分に教えたかった、知っていると得するようなことを恋愛、学問、就職、人間関係の視点から発信します。   ツイッターでもブログに書かないような細かい日々の気づきを発信しています。 フォローしていただくととても喜びます。