友達、親友、仲のいい知り合い。あなたの友達の定義はなに?

Pocket

 

友人関係で悩む人は決して少なくはないと思います。あいつは友達なんだろうか、親友だったはずなのに最近なんだか気が合わない。

そもそも、友達だったのだろうか、親友だったのだろうか。

じゃぁ親友と友達の違いはなんだろう。どちらでもないとしたら仲のいいアイツとの関係はなんなんだろうか。答えはないけれど、持論を書いてみました。

スポンサーリンク

友達ってなに

ぐってぃ
さて、友達って何だろうね

社会人と学生によって定義が変わってくるでしょう。僕が思うに彼女の定義も友達の定義も社会に出れば出るほど本物に近づくような気がします。

学生の友達の定義

  • いつも一緒にいる人、遊ぶ人
  • いつメン(いつも一緒に遊ぶメンバー)
  • 仲のいい人
  • 知り合い(話したことのある人)
  • 部活など団体の仲間

多くの学生はこのような関係の人を友達と呼ぶのではないでしょうか。

もちろん僕もこの定義に当てはまる「友達」がいます。

ぐってぃ
ただ、僕の場合はこれだけにあてはまる多くの人は「仲のいい知り合い」です。

「どういう関係?」って聞かれたときは「仲のいい知り合い」って答えると長いし、相手に対してそっけないので「友達」と言いますが、表現上の友達ですね。

結構同じようなことを考える人は多いんじゃないでしょうか?すれ違ったら手を振る。ぐらいの友達とは言えないけど仲のいい知り合いと言えばわかりやすいでしょう。

詳しくは下の親友の定義で話します。

 

社会人の友達の定義

社会人になってくると、今まで友達(仲のいい知り合い)だった人とは離れます。連絡も特に用事がなければとらないので、機会がなければ会うことも少なくなってきます。

そこで、同僚とか仕事仲間以外で友達と言えばこのような条件になってくると思います。

  • 離れていても連絡を取り合う人
  • 普段連絡を取っていなくても、近くにくる機会があると会う人
  • 普段連絡を取っていなくても、昨日まで一緒にいたかのように会話ができる人
  • いつも連絡を取っている人
  • 休日とかよく遊ぶ人
  • 暇なときに一緒にいる人
  • 職場でよく話す人
  • 職場で仲がいい人

このように理由がなければ特に会うことがない状態であっても、会おうとする関係が友達と呼べる人であることが多いのではないでしょうか。

それ以外にも新しい職場で苦労を共にした人や、仲のいい人も友達になるかもしれませんね。

 

親友の定義

ぐってぃ
親友となってくると社会人だろうと学生だろうと定義は同じになってくるだろうね。

同時にこれが僕の「友達」の定義です。【人の言う親友=僕の言う友達】です。

  • 腹を割った話ができる
  • 着飾らない自分でいられる
  • そんな自分を認めてくれる
  • 反対意見はしっかりと言ってくれる
  • 意見を敵意ではなく素直に意見として受け入れてくれる
  • 立場に関係なく自分と接してくれる(同じ学校の~、すごい会社の~ではなく個人として)
  • 会話の途切れが気にならない(変な遠慮をしなくていい)
  • 互いのプライベートを尊重する

上げるとキリがないので、特にと思ったものを上げました。

誤解があるといけないので補足を少しします。

スポンサーリンク

反対意見をしっかりと言ってくれる

ぐってぃ
なんでもかんでも自分のやることを認めてくれる、同調してくれるのが真の友ではないよね。

純粋に「やめた方がいいんじゃないかな…」「確かにいいけど、ここは直した方がいい」「お前のそういう所は良くないと思うよ」って意見してくれる人ですね。

これは下で言う敵意と意見を区別できる人同士じゃないとできないことですね。

 

敵意と意見を区別できる人

その意見を言い合う関係に欠かせない意識が「敵意」と「意見」を分けられることです。
日本人が海外の人と話すと当たりがキツいと感じるのは、向こうの人の多くは自分の意見をしっかり言うことができるからです。意見をいうことが当たり前で、当然敵意ではないとわかっているからです。

しかし、お国柄か知りませんが日本人は【反対意見を言うこと=敵意】とつながって、反対すること、意見を言う人を自分の敵と認識してしまう傾向があると思います。

相手の意見を聞いて参考にすることは良い関係、良い事業をするうえで欠かせません。
意見を言うことを恐れていると互いに遠慮しあって、表面上の仲の良さしか続きません。
仕事にも人間関係にも通じる法則ですね。

ぐってぃ
これができない人同士で意見を言いあうと敵意と勘違いして喧嘩になる。

 

立場抜きで自分を認めてくれる

これは、「お金持ちの〇〇」「いい会社に勤める〇〇」「同じ学校に通う〇〇」を理由に付き合いをするのではなく、これらの立場を全て失っても関係なく付き合いをしてくれるだろうという確証が持てる人。

ぐってぃ
要はすべてを失っても自分と関係を持ってくれる人ですよね。

違う学校に行っても友達でいることが変わらないのもこれに当てはまりますね。

 

会話が途切れても気にならない

常に会話が続くなんてことはありません。
途切れた間を苦しく思うか、当然のものと思うかはこれから先も無理なく付き合っていけるかの一つの判断基準となると思います。

 

互いのプライベートを尊重する

これがかなり重要な部分を占めると思います。
自分の時間、相手の時間を大切にできない関係はそう長く続きません。

予定はないけどやりたいことがある時に遊びを断ることの何がいけないのでしょうか。

たまにしか会えない彼女と会えることになって、いつでもできる遊びより彼女を優先するのはいけないことでしょうか。

本を読むことは「予定」ではないけど、遊びよりも読書の気分の時もあると思います。

遊ぶ気分じゃないのに無理に連れ出して遊んでも楽しくありません。
相手の気持ちや、やっている事、付き合ってる人を考え、尊重しましょう。
これをしてくれない人とは友達はもちろん長く付き合えるとは思いません。

 

親友とかうすら寒いことよく言えるね

親友だから親友って言うのではなく、親友と言うことで親友であることを認めようとしている。
周りに親友であることを認識してほしいから親友って言う。

表現として「親友」って言うのはわかるけど、「俺の親友が~」とかなにかと親友親友言いたがる人とは気が合わない事がおおい。

本当に親友だったら周りに「私たちは親友です」って伝える必要なんてない。
どんな関係?って聞かれたら「友達です」って言えばいいだけ。

親友っていう関係は二人のものであって、他人に認定される必要はこれっぽっちもないと思う。[/voice]

 

「友達100人できるかな?」「いらねーよ。」

「とっもだっちひゃっくにんでっきるっかな~♪」
『一年生になったら』のこの歌詞は幼稚園で歌いましたが、いまだに覚えています。

ぐってぃ
僕の定義でいくと友達100人なんてできるわけないし、欲しくもない。

仲のいい知り合いなら100人はいますが、別に大したことじゃないです。
この先もずっと付き合ってく仲のいい知り合いは3人いれば多い方でしょう。

仲のいい知り合いが1000人いることよりも、「親友」と呼べる友達が1人いる方がすごいことだし、幸せな人生になると思います。
ちなみにこういうところで使う「親友」が表現上で親友を使うということです。

仲のいい知り合いが100人いる人が、欲しくてもどうしても手に入れられない可能性があるのが友達で、1人の友達がいる人に必要ではないのが100人の知り合いです。

今自分にそんな人がいることを誇りましょう。だから、友達が少なくて1人でいることが多いことを恥じる必要なんてどこにもありません。

 

まとめ:仲良くなる前から人を選んではいけない。

ここまで友達や親友の定義を語りましたが、普段の生活で「こいつは親友じゃない、友達」「こいつは友達というか仲のいい知り合い。」とかやる必要は全くもってありません。

ぐってぃ
そんなやつとは僕も関わりたくない。

じゃあなぜこれを書いたかと言うと、インスタなどSNSで楽しそうな写真をアップして「私は楽しんでる」って周囲に言いたがる人が多く、そのようなことをしてない自分はなんて寂しいんだ、独りぼっちなんだ。と人間関係で悩む人が多くいるからです。

そんな人たちが表面上で楽しむよりも、素の自分を受け入れてくれる、互いに深い悩みも話せるような友達がいること、そのような友達を作ることの方がよっぽど大事ということを知って、少しでも「周りからみてキラキラしてない自分」を恥じるのでなく、「自分を見てくれる人の為に生きる」ことの方が大切だということがわかって、人間関係を楽にとらえてもらえたらな。と思ったからです。

スポンサーリンク

付き合う意味を全力で考えてみたら付き合う必要はないかもしれないと思った

2018.02.06
Pocket

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

ぐってぃ

地方の公立大に通う2年生です。 新卒でニートになるために日々精進しています。   高校生の時に禁止されていたバイトをひっそりとやって貯めたお金でタイとカンボジアに1か月間一人旅をしてきました。     過去の自分に教えたかった、知っていると得するようなことを恋愛、学問、就職、人間関係の視点から発信します。   ツイッターでもブログに書かないような細かい日々の気づきを発信しています。 フォローしていただくととても喜びます。