【正しい自己啓発本の読み方】意識高い系を脱したい学生は1つだけすればいい

Pocket

どうも。自己啓発本大好きのぐってぃです!

わくわくすんよね!自己啓発本。

ぐってぃ
あれを読み終わった後の「うぉっし。俺何でもできるわ。学校でこの本読んでるの俺だけだろうし。圧倒的差じゃん。俺最強」感めっちゃ気持ちいい

 

僕は初めて自己啓発本を読んだのは小3の頃でした。

そして親父は恐らく自己啓発本が好きだったんでしょう。何冊も書斎に自己啓発本がありました。(そもそも本が好きなため、自己啓発本はごく一部。)

そんな環境にあったため、小さい頃から自己啓発本をたくさん読む機会がありました。

そして同時に自己啓発本というものの真価に気づきました。あなたが自己啓発本を使いこなせるかどうかはこれだけで決まります。

それを踏まえて今回の記事では自己啓発本の読み方、意識高い系と意識高い人の違い。うざいと思われている意識高い系についてなどを書いていきます。

スポンサーリンク

小3から自己啓発本を読み漁っていた

導入でも言いましたが。僕が最初に自己啓発本を読んだのは小学3年生のとき。

それは親父が「お前料理人になりたいんだろ。これでも読んでみろ」って言われて読んだのが初めてでした。もう名前も忘れちゃったし料理人の夢もなくなったけど。

 

そして、最初の一冊から自己啓発本にハマった僕はこっそり書斎から気になったタイトルのものを取って、読んでいました。

そのときはテレビもゲームも禁止されていたので、僕は本くらいしかやる事がありませんでした。

ぐってぃ
今思うと「お金とは」みたいな内容を小学生が読んでいるのは不気味だな笑

 

そこでわかった重要な現実

そんな昔から自己啓発本を読んできた僕ですが。少年ながら思いました。

少年ぐってぃ
あれ?親父もこの本読んできたんだよな?それにしては全然普通の社会人というかむしろ普通以下じゃね?頭はいいけどさ

僕の親父は塾の講師をやっていましたので、めちゃくちゃ頭良かったです。

頭脳的にもそうだけど、社会情勢とか聞かれたらちゃんと自分の意見を言えるし加えて世論も言えるタイプのホントに賢いって感じ。

 

このように頭も悪くないし、こういう本たくさん読んだハズなのになんでかな~って考えました。

その時にわかりました。「あぁ親父実行ができなかったんだな。」って。

ぐってぃ
子供は正直に正論を突きますよねぇ。

 

意識高い系うざい。

ここで少し意識高い系は悪なのか、意識高い系と意識高い人の違いは何かについて書こうと思います。興味がない人はこちらから飛んでください。

小学3ぐってぃ
はい。意識高い系小学3年生が通りますよ~

意識高い系ってムカつきますよね。僕もみなさんが思い浮かべるような意識高い系は大っ嫌いです。

意識が高いだけならいいんですが、なぜ嫌われるかというとその口だけで何もしていない思考が漏れるからなんですよね。意識が高いだけだったらみなさんは認知できないので、サイレント意識が高い系に害はありません。

 

意識が高い系の中には「自分のが優れてる」「自分に価値のある人としか付き合わない」とかこじらせ系も出てきます。

遊んでる奴ら見て「そんな事やってるからダメなんだよ。」って勝手に見下すとか。自分は何もやってないのに。

何もやってないやつが遊んでる奴らを馬鹿にするのはすげえ醜い。お前はその「遊び」すらできてねぇんだぞって言ってやりたい。

あと、別に意識が高いだけの人は自分を否定することはないです。

問題があって世間から煙たがられてるのは「頭に情報を入れることで自分が何かを成した者」と勘違いしている奴です。思考することは迷惑じゃない。

ぐってぃ
成功者の誰だって最初は口だけだったもんね。あなたが一生口だけである可能性もあるけど逆もある。それは自分の問題

 

意識高い系と意識高い人の違い

意識高い系を語るうえで避けられないのが、意識高い系と意識高い人の違い。

そうです。

何かやった。何もやっていないの違いだけです。

 

その自己啓発本を元に何か行動を起こした人が意識高い人になるんだよね。

どうりで成功者がすくねえわけだ。だれも行動してねぇもんな。俺の親父みたいに。

スポンサーリンク

いい加減に自己啓発本読むの辞めてよくない?

つまりこれに尽きる。

もう一度言う。

僕は自己啓発本が大好きだ。だから決して自己啓発本を悪く言っているわけじゃない。

だけどもういいんじゃないか?

たくさんの自己啓発本読んできた僕からすれば同じ分野1冊、多くて2冊でも読めば十分。

同じ分野のもので100冊読んでも意味があるのは論文とかだよ。

意識高い系
いや、タイトルが似てても本として出てる限り、絶対違う内容で得るものがある!

そりゃあ内容全部は同じじゃないだろうよ。1冊目を実行に移してない時点で新しい情報入れても「悩む選択肢」が増えるだけ。

そして意識高い系の脳みそは「やらない言い訳」探すようにできてるから「悩む選択肢」が増えるほどやらないようになっていくだけ。

 

大事なのは実行に移すこと

僕が大学受験の時に言われた言葉を思い出しました。

「参考書いっぱい買うよりも1冊を極めた方がいい」

実際参考書はある程度のものであれば差なんてあまりないんですよね。

 

これが自己啓発本を読むうえでも大事だなと思います。言い換えるなら

「自己啓発本はたくさん読むよりその内容をを1つでも実行に移すことが大事」

ホリエモンの言うようにほとんどの本はコピペです。

売れている本なら大丈夫です。

 

ここで実行するための自己啓発本で僕のベストをあげておきますね。

ちょうど話に出たホリエモンさんの本です。

これ読んで行動できない人はもうそろそろ自己啓発系は卒業してしまっていいんじゃないでしょうか。

ここで即購入できるかも、多動力的ですね。今までの自己啓発のワクワクをすべて自分が体現できるようになるために必要なのが実行力。つまりこの多動力です。

そろそろ明日に、成長した自分にワクワクできる人生を手にしてもいいのではないでしょうか。

 

現在僕の厳選自己啓発本まとめの記事を書いています。ぜひそちらも一読いただけると嬉しいです。

スポンサーリンク
Pocket

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

ぐってぃ

地方の公立大に通う2年生です。 新卒でニートになるために日々精進しています。   高校生の時に禁止されていたバイトをひっそりとやって貯めたお金でタイとカンボジアに1か月間一人旅をしてきました。     過去の自分に教えたかった、知っていると得するようなことを恋愛、学問、就職、人間関係の視点から発信します。   ツイッターでもブログに書かないような細かい日々の気づきを発信しています。 フォローしていただくととても喜びます。