【部活を辞めたい全ての人に贈る】受験や友達、内申点など部活を辞める事による影響

Pocket

僕は中学で初めて部活に入りました。

小学校の時から

小6ぐってぃ
放課後にみんなでスポーツをするなんて最高すぎるでしょ!!

と心躍らせていました。

しかし現実は強制的なつまらない練習。休日も関係なく入る練習。それにうんざりしてサボるとサボるやつに浴びせられる冷たい視線。

部活を辞める前の僕は「継続力も忍耐力もない自分はなんて情けないんだ」と思っていました。

しかし、今になって振り返ると「あそこで自分で選択して、自由な時間を手に入れることは何も間違って居なかった。」と自信を持って過去の自分に言うことができます。

 

今回は僕が部活を辞める前に引っかかっていた、部活を辞める事で友人関係が壊れる。進学先(高校や大学)に影響が出る。内申点が下がる。友達ができなくなる。などの話をしたいと思います。

スポンサーリンク

なぜ部活を辞めようと思ったのか

これは個人的な考えなので、部活を辞めたことによる影響が知りたい人はコチラからとばしてください。
辞めようか悩んでいる人には是非見て頂きたい内容にしました。

強制的にやることの無意味さ

部活ってほぼ強制ですよね。
僕の中学の頃の部活は「来れる時に部活に来ないのはおかしい」「行く気がしないからを理由に部活を休むのはあり得ない」といった感じでした。

ぐってぃ
高校はそれと比べると少しユルいイメージでしたね。

 

僕が入ったのはテニス部でした。テニス自体は好きなんですよ。今でもたまに母親と軽くやったりします。
ただ、それを気分じゃないときまで集まってまでやる意味が分からなかった。

部活に何を求めているかにもよりますが、僕は「楽しみ」を求めて入ったので、想像以上に「楽しみ」よりも「教育」「鍛錬」「精神力向上」の面が強く、うんざりしました。

中学1年ぐってぃ
部活って楽しいものじゃねぇのかよ…

しかも1年生の初期にコートに入ってやることと言えば

  • コート整備
  • 玉拾い
  • 素振り
  • 応援、声出し

今思うとテニス部に入ったのにテニスをさせてもらえない環境によくみんなは何の疑問も持たずにやっているなぁと思います。
当時の僕も疑問を持たずやっていましたが。

もちろんコート整備や玉拾いなどの下積みはどこに行っても必要なことかもしれません。
だけど別に部活に所属していたくないなら下積みすら必要ないじゃないですか。

ぐってぃ
よく考えて、継続してやる未来が思い浮かばない事に下積みの時間を使うのはムダ。したいことの下積みをした方がよっぽど人生のプラスになる

 

「それが当たり前のこと」「そんなものも耐えられずにこの先どうやって生きていくんだ」という部活脳の人の声が聞こえそうですが

僕は「自分がやりたいことでもなく、義務ではないことを精神と時間をすり減らしながらやる」よりも

「自分のやりたいこと、将来の目標の為にするべことに時間を使うの方がよっぽどいいと思います。

率直に人としての魅力や将来性とかの意味でも。

 

だって部活をやってきた人に「部活をやってきてよかったことはなに?」って聞いてみる想像をしてみてください。

おそらく全国大会出場レベルじゃない人の多くは「精神的に鍛えられた~、先輩への敬意~、つらいことにも立ち向かえる忍耐力が~、努力することの大切さが~」とかそんな答えばかりしか返ってこない。

 

こんな誰でも言いそうなこと言うよりも 「部活をしなかったけど読めるマンガは全部見てきた」という人間の方が僕は魅力的だし、意味があると思います。

なぜかって全国大会出場レベルでもない部活を3年間続けた奴のありがたい忍耐話やありがたい自慢話を聞くよりも、マンガを読み極めた人の「知られざる名作10選。これだけは読んでおくべき5選」の方がダントツで興味がそそられるから。

やりたくもないことを頑張って続けるより、やりたいことを極める方が人間個人としての価値が上がります。

 

この記事を見る人にはいないと思いますが「部活が楽しくて楽しくて仕方がない」という人は別です。やりたいことをやることは何も悪いことじゃありません。

ただ、部活をやってる仲間の多くは「部活めんどくせ~」って言いながら練習に向かっていました。よっぽどやりたいことなかったんだな。

なにをすればいいかわからない時にするべきたった1つのこと

2017.08.09

自分の時間が欲しかった

朝、放課後、休日。どれも部活が介入してきて自分の時間がやりたくもない部活にどんどん取られていく。

ぐってぃ
僕は本も読みたいし、ゲームもしたいし、放課後友達と公園でダラダラしゃべりたかったし、朝ゆっくり登校したかったし、休日は遊びたいし、そもそも自分の時間がないと死んじゃう病

僕の部活では顧問に練習10分前に休みの連絡をすることが絶対でした。毎回毎回休むための言い訳とタイミングを考えてることの無意味さにうんざりしていました。

中学1年ぐってぃ
なんで学校の時間外である俺の時間を俺の好きなように使えないんだよ…

 

だんだんと部活内に仲のいい仲間がいなくなる

そんなこんなで、部活に足が遠のき始める。

部活をやっているメンバーは毎回顔を合わせるので自然と仲良くなっていきますが、練習に来ない僕はあまり仲のいいメンバーがいなく、休憩時間にしゃべる相手もいない。

余計足が遠のいて、どんどん周りが仲良くなっていき、余計輪に入りづらくなる。

ぐってぃ
部活に俺がいる方が普通じゃなくなってきてる空気に押されて余計部活に行きづらい…

負のスパイラルが続き、とうとう辞めようと決意しました。

そこで一番心に引っかかったのが内申点でした。高校入学に影響しないかな。

 

部活を辞める事は内申点や受験に影響するのか

結論から言いましょう。部活を辞める事が悪い方向に進むことはないと断言していいです。

 

部活を辞める事で内申点が下がるというのは都市伝説です。

ただ、部活で成果を出すことで内申点は上がります。正確に言えば高校や大学に送る調査書に項目として部活で好成績を収めたことが書かれるということです。

なので、受験に対してはそこまで目を張る功績がない限り部活を続ける事自体にはほとんど価値はありません。
同時に「部活を辞めた」という事が調査書に特筆されるわけもなく、部活を辞めても不利になることはない。

ぐってぃ
これは僕自身直接担任に聞いてみました。「あまり詳しくは言えないけれど…」と言われて少し教えてくれた内容です。

 

「部活は辞めたいけど成績の為に…」「部活が辛すぎるけど、親や周りから受験に響くって言われるし」と思っているのならばすぐにやめましょう。

そんな気持ちで続ける部活動には価値なんてなおさらありません。

 

受験で最も重要視されるのは成績と入学試験の点数です。

推薦や面接を除けば大学受験なんてほぼ10:0くらいで入学試験の点数です。
高校受験はもう少し成績も見られますが、どちらにしろ点数が取れれば成績が悪くとも合格します。これもそもそも成績なので部活は関係ありません。

なので、少し考えれば成績や入試点数に比べて部活動を続けることの重要さなんて無いことがわかりますね。

部活は学校で強制加入しなさいと決められていなければ、自分の意思で入るもの、続けるものです。
嫌ならやめていいものなのです。

嫌々部活に行って、精神的にも肉体的にも疲れた状態で授業に挑み、授業態度が悪く、テストや成績が悪くなる方がよっぽど受験には影響します。

受験のために部活を続ける事がどれだけ意味のないことかお分かり頂けたでしょうか。

ぐってぃ
部活の時間を勉強に変える方がよっぽど受験の近道なんだって。

全国大会プレイヤーくらいになれば意味はあると思います。推薦で入れるところが増えますからね。
どちらにしろそういうプレイヤーは「受験のため」なんて思ってやっていないと思いますが。

スポンサーリンク

部活を辞めたら友達がいなくなる??

これは僕は全く気にしていなかったんですが、大学に行って「え、部活辞めたん?友達いなかったの?」と言われて気づきました。

ぐってぃ
そっか、確かに友達の多くが部活の仲間という人は少なくないかもな

交友関係が広がるのは部活のメリットですよね。
朝、放課後、休日まで一緒にツライ練習、楽しい練習を乗り越えて来た仲間は確かに強いキズナで結ばれていることが多いかもしれない。

部活を辞める上で僕が友達関係の悩みを持っていなかったことからわかるように、僕が部活を辞めたせいで友達ができない、友達と関係が悪くなるということは全くありませんでした。

 

ぐってぃ
そもそも部活でしか友達が作れない人、部活を辞めることで交友関係が崩れる人は「部活仲間」としての付き合いなので、それを友達とは呼ばないよ。

僕の場合「部活に行かない」ことで関係が悪くなっていたので、むしろ部活を辞めてからの方が一緒に部活をしていた人達と仲良くなりました。顧問とも辞めた後から仲良くなりました笑

 

友達ができるかできないか、友達と関係を維持できるかどうか、などは部活うんぬんではなくその人自身の「人となり」が問題です。
「部活に入ってないから」「部活仲間だったから」とか考える前に「ただのあなた」を認めてくれる本当の友達を作りましょう。

友達ができない。友達の作り方がわからない人へ。

2018.03.18

部活を辞めてよかったと思うこと

  • 自分の時間が増えた
  • 同時に遊びや学びに好きなだけ時間を注げるようになった
  • 日々に、学校に通うことにストレスがなくなった
  • 無理をしないことで交友関係が良くなった
  • 強制的にやることがなくなったのでテニス(スポーツ自体)が好きになった
  • 部費や送迎、弁当、早起き、など親の負担も減った

昔は一つの企業に就職して、そこにずっと居続けることが一番安定して収入を得る一般的で当たり前のことでした。
そこには忍耐力、周りに合わせる力、継続力が必要だったかもしれません。

ただ、現代は一つの企業がずっと面倒を見てくれる時代ではなくなったのです。

無思考くん
そんなことないよ、日本の企業はやっぱり同調性のある人を求めてるって

同調する力は「何も持っていない人」が最後にすがりつくスキルです。そんなことよりも個人の強さを磨きましょう。

【入学前に知っておきたい】部活は就活に有利なのか、就活で成功するために何をするか

2018.03.24

現代はどんどん自分の好きなことをしてお金を稼げるようになる時代です。

今も同じようなシステムで続いている会社もありますが、個人で活躍する人がどんどん増えています。

なので無理して団体に所属し、継続し、限られたコミュニティで関係を築いていくことの大切さがだんだん薄れていきます。

そして、自分のやりたい事を見つけ、それに一生懸命に取り組む事がずっと大事になってきます。

 

その一つの要因として、現代はSNSの普及などで同じようなことを考えてる人と簡単につながることができるからです。

だから特に目立った成果もなく、無理に頑張って部活に最後まで所属することよりも、ゲームの全国大会に出場する方がよっぽど輝く時代です。YouTubeで登録者数100人以上集める方がよっぽど意味のある時代です。

スポーツはしたいけど、部活のようにやりたくないのなら市のスポーツクラブに入ればいい。それが無理ならSNSでスポーツコミュニティを作ればいい。

 

一人でも無理して部活を続ける事の無意味さ好きなことをするのに時間を割く大切さに気づいて頂ければこの記事を書いた甲斐があります。

ちなみに僕は帰宅部の味を占めて、高校では部活に入らずアルバイトをして、海外に1か月一人旅をしてきました。下に記事を張っておきますので、よろしければ見てみてください。

スポンサーリンク

【入学前に知っておきたい】部活は就活に有利なのか、就活で成功するために何をするか

2018.03.24

高校生が自分を変えようと思って海外一人旅をした結果

2017.09.14

なにをすればいいかわからない時にするべきたった1つのこと

2017.08.09
Pocket

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

ぐってぃ

地方の公立大に通う2年生です。 新卒でニートになるために日々精進しています。   高校生の時に禁止されていたバイトをひっそりとやって貯めたお金でタイとカンボジアに1か月間一人旅をしてきました。     過去の自分に教えたかった、知っていると得するようなことを恋愛、学問、就職、人間関係の視点から発信します。   ツイッターでもブログに書かないような細かい日々の気づきを発信しています。 フォローしていただくととても喜びます。