14年間テレビなしの生活をして思った、テレビの代わりにラジオを使うメリットデメリット

Pocket

僕は小学1年生のときから親にテレビを禁止され、代わりにラジオを聴いていました。最近の人達はラジオをあまり聞いていなそうですよね。

でもラジオにはテレビとはまた違った魅力も多くあるので是非この記事でラジオにも興味を持ってもらえたらいいなと思います。

スポンサーリンク

テレビなしの生活、耐えられるの?

テレビがない生活なんて考えられない!

って思う方は結構いると思います。現代はスマホなどが普及したため、そういう人も減ったとは思いますが、まだテレビは根強い人気がありますね。

個人の意見なのですが、テレビをなくしてもすぐにその生活に慣れると思います。

恐らくあなたがテレビを見ている時間の中にはなんとなくテレビをつけてみている時間も多いんじゃないでしょうか。そのようななんとなく見ている番組は見なくてもその生活にはすぐ慣れることができるからです。

ただ、毎週この番組だけは見てる。やっぱり朝ドラは見たい。とかいう人にとってはテレビのない生活はやっぱりきついかもしれません。そういう人はこの記事を見ないかもしれませんが(笑)

それでも脱テレビをしたいという場合は見たい番組に区切りがついたところで見るのをやめるといいと思います。

ぐってぃ
実際テレビを見ないようにすると同時に番組CM自体見なくなるので、そこまで「あぁ..テレビが見たいっ…」とはならないですよ。

 

テレビを見ないようにするには

テレビを見たいと思う原因って「こんな番組がある」ってわかってしまうことだと思うんですよね。

テレビ番組が終わったあとや途中にテレビ番組のCMがあるじゃないですか

「明日夜9時!」とかの。あれ。それを見ることで

「あ、この番組面白そうだから見てみよ」

って感じで、どんどんテレビ見ちゃうんですよね。

なので一度テレビを見ないようになるとだんだんテレビを見なくても大丈夫なようになってきます。テレビを見るのをやめたい人はまず。数日間テレビを見ないで、その後もなんとなくテレビを見る癖をやめれば意外とすんなりやめられるかもしれません。

ぐってぃ
さて、そんなテレビを見ない時に代替メディアとしておすすめなのがラジオです。そのメリット、デメリットを挙げていきましょう。

 

ラジオを使うメリット

作業に集中できる

テレビって映像も音あるじゃないですか、だからテレビをつけちゃうとついそっちに気が行ってしまいますよね。

普段テレビをみない僕は普通の人より映像に目がいってしまうので、よくばあちゃん家でご飯を頂くとき「テレビばっか見てるな」って注意されます(笑)

でもラジオの場合面白いことや気になること以外そこまで注意が向かないんですよ。でも全然聞いていないわけではなくて気になるワードがあるとすぐわかるし、話の流れも何となく把握できてるんですよね。

あとテレビって番組が終わるまで見てたくなるじゃないですか、ラジオの場合朗読とかの途中とか相当自分が興味あることやってるときぐらいしかそうならないので時間が無駄になりづらいです。

 

想像力がつく

当たり前だけどラジオってテレビと違って視覚的な情報がないですよね。そんな状態で野球の実況やニュース、リポート、朗読などがあるんですよね。声や音の情報しかないから気づかないうちにこんな感じかな~って想像しちゃうんですよね。

ぐってぃ
僕の親父は野球や相撲の実況を聞いて一喜一憂しています。それをたまに横耳に挟むのですが、意外と情景が想像できてしまうんです笑

アナウンサーの声や喋り方とかからもどんな人物かな~って想像するようになって、興味もったアナウンサーの画像とか見ると「あ~こんな感じの人なんだ~」みたいなことがあってなかなか面白いものです。

声っていう情報が人物像を作る結構大きな要素なんだなぁって実感できますね。声の重要さがよくわかるようになります。

 

運びやすい

テレビって洗濯物干すからちょっと持っていこ~ってできないじゃないですか、小さいワンセグとかなら別ですが。

ラジオは持ち運びがしやすいので、洗濯物とかするとき「この番組見終わってから…」ってなりません。僕の母親は洗濯物を干すときによく一緒にラジオを持っていきます。

テレビと違って聴覚だけで楽しませよう、理解させようとしているのがラジオなので、洗濯物を干しながらのように画面をみなくとも楽しめるところがまたいいですよね。

 

アナウンサーが身近に感じる

最近のテレビは見てないのでわからないので、テレビも似たようなことをしているかもしれませんが、ラジオはアナウンサーが視聴者からのお便りを読んでくれる時間が結構あるんですよね。

それぞれの投稿にアナウンサーが反応してくれるので、ちゃんとアナウンサーにも人間味があるというか、自分とつながっているんだなって少し身近に感じるかもしれません。自分の投稿が読まれた時とかは結構嬉しいです笑

 

聞いてる人の民度が高い

民度というかラジオを聞いている人は人格者が多いなぁ。とお便りなどを聞きながら実感しています。

同じくラジオを聞いている人はわかるのではないでしょうか。

春になると「新入生と思われる大きなランドセルを背負った子と挨拶をかわした」

夏の終わりに「枝豆を収穫しながら夕方にビールを飲むのを楽しみにしています」

小春日和に「鳥たちが庭先に増えてきました」など

年齢層が高いせいかわかりませんが、とても耳に心地のよい情報ばかり入ってきます。「あぁ、日本も捨てたもんじゃないなぁ」っていう気にさせてくれるラジオはやっぱり素敵に思います。

ぐってぃ
どうでもいいですが春が二つあるやん。って思った方。小春日和の季語は冬なんですよ。
スポンサーリンク

 

ラジオをテレビの代用とするデメリット

やっぱり映像が欲しい

映像っていう情報は大きいですね。震災が起きたときとかにどれだけの被害がでているか、どんな状況で物事が進んでいるのかがラジオだと視覚的な情報が入ってきません。

でも今はスマホやパソコンが普及して、すぐに画像や動画が見れると思うのでそんなにデメリットではなくなった気がします。

ただオリンピック。

僕の親もオリンピック時期は「え~これは見たいなぁ」とかよく言ってます。

オリンピックの時のNHKは実況ばかりですので、正直聞いてて楽しいものではないですね。

ぐってぃ
こればかりはスマホやパソコンじゃなくて大きい綺麗な画面で見たくなるよなー

興味ないものの映像の情報は自分で調べる気にならないので、ニュースなど映像を見て興味がわく機会は少なくなりますね。

 

テレビにしかない番組が数多くある

僕は最近の番組は全然知りませんが、昔からやってる「世界一受けたい授業」とか「世界の果てまでイッテQ」とかは好きですね~、ばあちゃん家に行った時はよく見てました。今もやってるか知りませんが笑

ぐってぃ
あと、youtubeで見つけたんですが、「クレイジージャーニー」あれ面白いですね。

こういう風にやっぱりテレビ番組は面白いですよね。時間つぶしちゃうのも納得できます。魅力的な番組が数多くあるので、それが観れないのがやはり一番のデメリットかと。

ただ、今ではある程度人気がある番組はほとんどyoutubeにupされてますよね。ただ少し画質が悪かったり、画面が小さかったり不自由もありますが。

見たいテレビ番組はそれらで見れば十分だと思います。僕が小学生の頃はあんまりテレビ番組はyoutubeにアップされてなかったので。

ぐってぃ
ますますテレビ離れが簡単な時代になりましたよね。

 

おすすめのラジオ番組

はじめはこちらに書いていたんですが、どんどんおすすめの番組が出てきちゃって長くなっちゃうので、別の記事としてまとめさせていただきました。

ぜひ、ぜひ!この記事も読んでみてください。というかこの記事に書いてある番組を聞いてみてください!

本当にラジオ番組って魅力的です。それに魅力的なパーソナリティーが多い。そんな放送する人が魅力的な番組もそろえたのでぜひ!

多分、他のサイトでは紹介してないようなマイナーどころもそろえました!

【大学生が選ぶ】教養が深まる、気軽に聞けるラジオ番組おすすめ5選【マイナー番組あり】

2018.02.15

 

まとめ

テレビのない生活は無理!って思うかもしれませんが、案外無くしてしまえば簡単に慣れることができると思います。特に現代は。何より時間も有効活用できるのでかなりおすすめです。

テレビをなくすのはちょっと…という方はご飯のときだけでもテレビではなくてラジオにしてみるのがいいと思います。

そのようにに日常にラジオを取り入れることで、ラジオの良さもわかります。なにより個人的には食事のときにテレビをつける場合かなりそっちに集中してしまい、ご飯をしっかり堪能できないのでおすすめします。ラジオは会話や食事の邪魔にはほとんどなりませんからね。

ぐってぃ
ラジオはとてもいい媒体だと思うので、是非テレビを使っている人も使ってみてほしいです。

今はラジオがなくてもネットラジオやら、らじるらじるやらでスマホからでも聞けるのでぜひ聞いてみてください。

 

僕がテレビを見てこなかったことについて思ったことは下の記事を見てみてください。

テレビを見せない子育てはどうか?:小学1年のときから13年間テレビを見ていな...
最近テレビ離れが進んでいるような気がしています。そりゃあ手元にどこでも手軽に自分の欲しい情報を手に入れられるスマホがありますからね。スマホでもabemaTVとかyout...
Pocket

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

ぐってぃ

地方の公立大に通う2年生です。 新卒でニートになるために日々精進しています。   高校生の時に禁止されていたバイトをひっそりとやって貯めたお金でタイとカンボジアに1か月間一人旅をしてきました。     過去の自分に教えたかった、知っていると得するようなことを恋愛、学問、就職、人間関係の視点から発信します。   ツイッターでもブログに書かないような細かい日々の気づきを発信しています。 フォローしていただくととても喜びます。