大学生になって1年間早寝早起きをやって感じたメリットとデメリット

Pocket

 
 
みなさん!しっかり寝ていますか?
 
睡眠は本当に大事ですよね!そんな事は誰でもわかってはいると思うんです。でも本当にしっかりとした睡眠がとれていますか?
 
 
かくいう僕も大学入りたてのころは立派な睡眠なんてとれていなかったんです(笑)
 
 
それでも僕の周りの人たちよりも早く寝てたんですよ!?
 
0時とか?でも0時に寝るのですら早いと結構言われてましたね。
 
ただ起きるのはすごく遅くて、大体講義は2限から入れていたのですが2限すら遅れるくらいずっと寝ていたんですよね。
 
2限は10時30分くらいからなので9時間ぐらいはずっと寝ていましたね。ただこれだけ寝ても講義中に寝ることもかなりありましたね(笑)
 
ただ、これは長く寝てただけで、今思うと全然質のいい睡眠が取れていなかったんだなぁと思います。 
 
スポンサーリンク
 

早寝早起きのメリットデメリット

メリット
  • 朝の時間を好きなように使える
  • 自分のベストな睡眠時間だけで勝手に起きるようになる→つまり最低限でベストな睡眠時間になる
  • 腹が減るのでちゃんと朝飯を食べるようになる
  • 昼寝の必要がほとんどなくなる
  • 1日の時間が増える!

 

デメリット
  • 起きるのが大変かも

  • 日中すごい眠いかも
それでは一つ一つ掘り下げていきましょう。
 
 

 メリット 

朝の時間を好きなように使える

これは当たり前ですがかなり大きなメリットですよね。
 
ただ、朝早く起きれたとして、なにをしますか?なにかしたいことはありますか?
 
漠然と「早起きは素晴らしいから」って思い込んで早起きをするのはあんまりおすすめしません。
 
なぜかって続かないから。目標があってこそ、早く起きる意味があってこそ続けられます。
 
よく考えるとそんなにやることないなぁ。って思った方はぜひ下の記事をみてみてください。
 

自然覚醒ができる

自然覚醒とは目覚ましとか外からの要因でなく、自分から勝手に目が覚めることです。目覚ましは一応かけるのですが、セットした時間の少し前とか、かけなくてもに勝手に目が覚めるようになるんですよね。
 
 
これは睡眠を充分とった状態で目が覚めるので、充分な睡眠がとれた一番少ない睡眠時間なのです。自分に合った睡眠時間だけ寝て残りの時間は自分のやりたかったことをやりましょう!
 
 
自然覚醒のコツは寝る前に「○時に起きて~するぞ!」と意気込んで寝ることです。
 
いや、本当にこれだけ。十分な睡眠時間が取れてることが条件かもしれないけど、「6:30に起きるぞ!」って意気込んで寝ると本当に6:30とかに目が覚めるんですよね。保険にアラームを6:45とかにセットしてるんですけど笑
 
いやぁ人間の体ってすげぇ。
 
スポンサーリンク
 
 

朝ごはんをしっかり食べるようになる

自分は昔からしっかり朝ごはんを食べる派なんですが、一人暮らしを始めてダラダラ寝てた時は大抵時間がなくて朝ごはんなんて作っていられませんでした。それでもフルグラなどを食べていましたがね(笑)
 
 
朝ごはんはやっぱり目を覚ますためにも午前中を活動的に過ごす上でも必要ですからね。
 
朝は何も食べる気がしないという人もいると思いますが、早起きをすると何もしなくても1時間くらいでだんだんお腹が減ってきたりします。
 
早起きしない人は一時間もしないうちに外出してしまうのでお腹が減るって感じる暇がないのかもしれませんね。
 
 
何よりも早起きすることで、ご飯を作る時間とゆっくりご飯を食べる時間ができる。
 
時間的に余裕が持てるようになると精神的にも余裕が持てるようになるので、本当にいいサイクルだなぁって思います。
 
 
 
朝ごはんは目覚めるためにも一日中頭をしっかり動かすためにも欠かせません。
 
 
朝ごはんをとっている人の方が太りにくく、体脂肪率が低い傾向があるっていうのはもうだいぶ有名になりましたね。
 
忙しい朝でもバナナ一つ、味噌汁一杯でもいいので食べてください。なるべく栄養があるものがいいですね。
 
 
忙しいときや作る気が起きないときのために僕は牛乳入れるだけでバランスもいいフルグラをおすすめします!
 
最初はスーパーで買っていたのですが、まとめ買いのほうが安いしわざわざ買いに行かなくてもいいのでアマゾンなどで購入するといいですよ!僕は定期お届け便で安く買っています(^ω^)
 
 
ただ、最初は美味しいと思って食べられるんですが、正直だんだん飽きてきます笑
 
なので最近は時間がやばい時以外は食べてませんね。
やっぱり作るご飯には勝てねえよ。
 
定期便も3ヶ月に一度から半年に一度に変更しました。それでもやっぱりあると便利なので家には常備しておいてますが笑

ドライフルーツが入っているので栄養バランスと美味しさを兼ね備えててコスパもいいのがカルビーのフルグラですね。まとめ買いだとスーパーの特売よりも安くてオススメです。

まじで一人暮らしの強い味方。

 

本当に美味しさだけ求めるなら日清シスコの「ごろっとグラノーラいちごと小豆の宇治抹茶」が美味しいです。ほんとに。ただ美味しいのでお菓子みたいな感覚ですね。フルグラに飽きたときに食べています。

 
 

昼寝をしなくなる

これは早寝早起きをし始めて少しして気づいたのですが、テスト前で友達と図書館に行って勉強してたんですよ。
 
それで終わって帰り道「昨日しっかり寝たんだけど眠くてほとんどできなかったわ~」って言われたんですよ。
 
僕は全然眠くなかったんでやっぱり質のいい睡眠は大切だなぁと思いましたね。頭も冴えててガンガン勉強できてました( ´∀`)
 
ただ一つ。「早寝」早起きです。早寝もしないで早起きだけ頑張っても体が限界迎えるのは言わずともわかりますよね。
 
早寝なしには早起きの習慣は続きません。早起きを素晴らしいものとして享受できるのは早寝をして質のいい睡眠をとった人だけです。
 
 
 

一日が長くなる!

人に与えられた一日の時間は24時間ですよね!当そんな限られた時間なのにダラダラ10時くらいまで寝てたらもったいないじゃないですか!
 
僕は前の生活と比べて活動時間は4,5時間くらい増えましたね。
 
しかも早起きだと頭が冴えているので効率よく作業ができるので、4,5時間よりもたくさん自由時間が増えたように感じます。
 
ただ、やっぱりいくら一日が長くなってもやりたいことがなければ意味がない。浮いた時間でやりたいことを見つけましょう。
 
 
 
 
デメリット

最初はなかなか起きるのが大変

僕は寝るときに睡眠の質を上げること、寝つきをよくすることを結構意識してました。だからかもしれませんけど、早く起きるのはあんまり大変じゃありませんでしたね。
 
そういったことをしないと早起きはなかなか大変なことだと思います。
 
その記事も貼っておきますね。

 

日中めっちゃ眠いかもしれない

眠い.jpg
僕は上の通り質のいい睡眠が取れてたと思うので全くこういったことはなかったのですが、昔早起きを習慣にしようとして頑張って起きて二度寝や授業中寝まくっていた記憶があります。
 
質の良い睡眠がとれていれば日中眠くなることはないと思います。
 
ただし、昼食後は例外かもしれません。食後は20分程度(それ以上長いと本格的な睡眠に入ってしまうので)の仮眠をとることをおすすめします。
 
14時くらいまでの20分程度の仮眠は夜寝る際の快眠にもつながるそうです。
 
 
 

まとめ

ざっとメリットデメリット上げましたが、どう考えてもメリットが大きすぎるしデメリットあるようでないみたいなものなので皆さん是非気合入れて早寝早起きやってみてください!
 
早寝早起き&快眠術のリンクを貼っておきますね!
スポンサーリンク
Pocket

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

ぐってぃ

地方の公立大に通う2年生です。 新卒でニートになるために日々精進しています。   高校生の時に禁止されていたバイトをひっそりとやって貯めたお金でタイとカンボジアに1か月間一人旅をしてきました。     過去の自分に教えたかった、知っていると得するようなことを恋愛、学問、就職、人間関係の視点から発信します。   ツイッターでもブログに書かないような細かい日々の気づきを発信しています。 フォローしていただくととても喜びます。