サークルは入った方がいい?3つのサークルを辞めた僕の持論

Pocket

僕はほぼ強制で練習に参加しなければいけない部活がきらいでした。だから中学では速攻で辞めました。
そんな過去もあったので大学に進学し、中学高校であった部活とは違う形態の「サークル」にとても期待をしていました。

高3ぐってぃ
教師が関わらない学生主体で遊ぶために集まるなんて最高やん!

僕のように遊ぶことは好きだけど、部活のように強制で厳しくやるのが嫌いな人は同じく期待に胸を膨らませているかもしれません。

そんな僕が大学で入ったサークルは

  • ダンスサークル←しっかり練習する。いわゆるガチサー
  • サッカーサークル①←サッカーなんて1年くらいしてない。飲んでばかり。いわゆる飲みサー
  • サッカーサークル②←人数的な規模が大学最大級。しっかりサッカーもするし、飲む。いわゆる大学のサークル

など、今思うとなかなかいい感じのバリエーションになっているな。と思います。すべて辞めましたが笑

今回はこのようなサークルに入って僕が思ったこと。辞めた理由。サークルに入った方が彼氏、彼女、友達ができるできない。などを書いていこうと思います。

スポンサーリンク

とりあえず最初はサークルに入っとけ

ここではサークルと部活どっちのが出会いがある。どっちのが楽しい。どっちのが仲良くなれる。なんてことは言いません。それは個人差が大きいだろうし、大学によって違いがあるので。

部活とサークルの違いは下の記事を参考にしてみてください。自分のやりたいこと、好み、性格に合ったものが何よりも出会いや楽しさがあるはずです。

大学のサークルや部活ってなにするの?何が違うの?

2018.03.24

さて、なぜとりあえず最初は入っておいた方がいいのか。

 

とりあえず出会いのためにサークルや部活に入る

大学はクラスがないところがほとんどです。

それまでの学校ではクラスが存在したので部活などに入らずとも友達はできるし、自然と気の合う仲間もできてきます。

ぐってぃ
クラスは好きだったから大学でもクラスが欲しかったなぁ

大学ではクラスがないため、友達を作ろうと動き出さなければ誰とも話さないで過ごせてしまう可能性はかなり現実的です。

所属や知り合い、場に関係なく誰でも声をかけられて、話せる人ならばサークルや部活に入らずとも問題はありませんが、そんな人はほとんど存在しません。

なので、自然に人と関われる場を提供してくれるサークルや部活にはとりあえず入っておきましょう。
新入生歓迎会でまだ話せる人がいなかろうが、1人で行くのが嫌だろうがとりあえず行くことをおすすめします。
活動や飲み会が始まってしまえば話す機会はいくらでもあります。

 

ぐってぃ
同性はそんな機会がなくても友達の友達といった感じでどうせたくさん仲良くなれますが、異性の場合知り合いが少ないと広がりにくいと思うので始めの方でガンガン仲良くなるのがおすすめです。

僕はサークルの新入生歓迎会のおかげで女の子とたくさん仲良くなりました(°∀°)

サークルの説明会とか行かなければ関わらなかったなぁと思うとやっぱり知り合いが居ようが居まいが行った方がいいですね。

ぐってぃ
「新しい環境」ということでみんな不安でみんな浮ついてます。アタックチャンスでっせ。

サークルに入ったけれど、合わなくて辞めたい場合

ぐってぃ
もしサークルや部活にノリで入ってしまっても合わなければ辞めればいいだけです。

辞める際は何も問題ありません。なにも気にせずズバッと辞めましょう。
辞め方はそれぞれの大学やサークル、部活ごとに違うと思いますが、リーダー格の人にひとこと言って、ラインのグループなりを抜けてしまえばだいたい完了です。

ぐってぃ
あんまり気にしてウダウダしてる時間がもったいないです、辞めようと思いながら通うサークル、部活、飲みが一番価値がない。

これから関わらなくなる人と「辞めよう」と思ってるあなたが一緒にいるだけであなたにとっても相手にとってもいいことなんてない。

気に入ってる人がいるなら部活やサークル関係なく辞めた後も付き合っていけばいいだけ。

 

ただ、出会いため(もちろん、サークルが自分に合えば続けるべきです)にサークルに入ったので、しっかりと周りにいる人と関わりましょう。最終的には30人のサークル仲間よりも、1人の友達を作った方がいい大学生活が送れます。

その良い大学生活のために、最初に関われる人にはすべて関わって知り合いの母数を増やしましょう。

次に僕がサークルをすべて辞めた理由と、どんな人がサークルに向いているのかを話したいと思います。

 

飲みサーに入ってみて思った「サークルはお金と時間、精神力が取られる」

ぐってぃ
サークルや部活が好きか嫌いかの前に、僕はそもそも自分のやりたいことができる時間が好き(というか必要)で、友達や仲間で遊ぶ事を頻繁には必要としていない人間なんだ。と最近わかってきました。

大勢や友達と遊ぶのは好きだけれど、終わってみると「やっぱり疲れるし、無駄な時間多いよな」って思ってしまう日もあります。

そんな人間が話す一つの意見として考えてもらえれば幸いです。

 

飲みはお金の消費が半端ない

サークルはその「疲れるし無駄な時間が多い」に加えてお金もかかる。
飲みで3500円、二次会で3000円、なんだかんだ7000円なんてザラにあります。

7000円でできること、7000円を稼ぐのに使う時間と労力を考えると、サークル仲間と飲むために7000円も使うなんて勿体無いにもほどがある。って思ってしまう事がほとんどです。

もし7000円出して飲み会に行くか、7000円をドブに捨てて飲み会に行く時間を好きに使える。という2択を迫られたら後者を取りたくなる事もあるくらいです。

ぐってぃ
それを本を読んだり、買いたいものを買ったり、なにも買わずとも7000円を貯金して自由に時間を使えるという選択肢があると考えると、そっちの方がよっぽど価値がある。

 

ウェイウェイ飲むのに意味がない

意味がないと思う要因をまとめると

  • サークルでの飲みは大人数過ぎて一人一人とまともなコミュニケーションをしない(しっかりと話さない)
  • そもそも飲みなので真面目な話をする場でない
  • 加えてウェイウェイしたがる人が多く、かしこまった話をする気のある人がいない。
  • ウェイウェイ騒ぐだけでも楽しいけど、本当に「楽しい」のか、その楽しさは酒がなくなって冷静になったあとも楽しいものなのか

こういうところがメインになるかなと。

別に真面目な話をするから意味があるんじゃなくて、ただ大勢でちゃわちゃするだけの事に毎回毎回大量の時間とお金を使う価値はないということです。

ぐってぃ
楽しいことをするのにそんなにお金は必要ないし、そんなに大勢で集まる必要もない。

 

そもそも本当に飲みは楽しい?「アルコールが入って楽しい気がする」のと「仲間とお金を払って酒を飲んだから楽しく感じないわけにはいかない」ってだけじゃない?

お酒は簡単に「楽しい気」になれるから便利ですよね。僕は大勢で酒を飲んで騒ぐ方の楽しさは年に数回くらいで十分かな。

 

ウェイウェイ飲みにも価値がある??

しかし、だからってサークルの飲みは行く意味はないのか。というとそれは違います。

飲みは出会う、知り合うには最高の場です。

なぜかというとアルコールが入れば前頭葉がマヒするので、理性の壁が壊れ、普通だったら初対面やあまり仲良くない人相手にしゃべらないことも話すようになります。

これがどうなるかというと脳は「こんなことまで話せる人、こういう話をした人はもう信頼できる人、仲がいい人だ」と勘違いしてくれるんです。

アルコールが入れば打ち解けた雰囲気になるのはそういった作用が働くからです。
深い関係を築くためにアルコールはいらないけど、最初に多くの人と知り合うため。つまり広く浅く関わるためには飲みは最高の手段です。

 

ただ、その「簡単に仲良くなれる」っていう体験から「飲みは毎回楽しいもの」として惰性で飲みを続けるのがムダだということです。

ぐってぃ
だからサークルの一番有用な使い方は最初の方の飲みだけよく顔を出して思いっきりはっちゃける。その後はスッパリやめる

辞めた後も一緒にいられるような人間が本当の友達です。「サークル仲間」をいくら増やそうが、友達がいなければあなたの人生は豊かになりませんよ。

こう考えると「サークル仲間」としてだけでは深い付き合い(親友と言えるような関係)を築くのは不可能です。僕が思う親友のような関係はただ一緒にいる時間が多いだけの、仲のいいだけの人間は含みません。)

友達、親友、仲のいい知り合い。あなたの友達の定義はなに?

2018.03.17

知り合うきっかけが「サークル」であっても、サークルの活動外では関わることのない関係が親友と呼べるわけないので当たり前です。

スポンサーリンク

サークルに向いてる人

サークルに入らない方がいい人の条件はあげても意味がないので上げません。
だって入ってみないとわかんないし、最初に知り合いを増やすために入った方がいいって言ってるんだからとりあえず悩んでいるなら入ってみればいいだけです。

サークルに入るべきで、サークルを続けられる人はこのような感じでしょうか

  • 交友関係を広く持ちたい人
  • 部活が好きだった人
  • 団体で遊ぶのが好きな人
  • ウェイウェイしたい人
  • 暇な人
  • 活動内容が好きな人

交友関係は上で話しましたね。これのためだけに最初はとりあえず入ることをおすすめします。

大学でウェイウェイしたいならそういうサークルに入るべきです。
ウェイウェイしたい人が集まるサークルにはそういう人が集まるので楽しくウェイウェイできると思います。
これは団体で遊ぶのが好きな人も共通しますね。

あとは、暇な人。僕は本とか読んでたいし、暇だからって誰かと遊びたいってなる人間じゃないですが、暇なときに誰かと遊びたい人にはぴったりです。

『もし6000円出して飲み会に行くか、6000円をドブに捨てて飲み会に行く時間を好きに使える。という2択を迫られたら後者を取るくらいです。』

先ほどこのような表現をしましたが、これが適応される人は「やりたいこと」がある人です。

僕は本とか意識高い系に思われそうなこと言っていますが、やりたいことがゲームであっても寝る事でもマンガ読むことでもテレビ見ることでもいいんです。
ただ、それが長期的に取り組んでいきたいものかどうかが「やりたいこと」と「一時的な暇つぶし、行事自体のめんどくささ」の分かれ目になります。

ぐってぃ
僕としては是非ゲームだろうと本だろうと継続して取り組める「やりたいこと」をしてほしいですね。

 

これがない人が「暇な人」です。大学生しかできないことがたくさんありすぎるはずなのに暇な人が多すぎる。

だから暇な人にはおすすめします。同じような暇人がサークルにはたくさんいます。

逆に暇なだけの大学生活を送りたくない人は下の記事を見てみてください。

なにをすればいいかわからない時にするべきたった1つのこと

2017.08.09

 

そして最後に活動内容自体に興味がある人。そして活動を仲間とやっていきたい人。仲間がないとできない活動をやりたい人。

これこそサークルの原点。

「サークルは人と関係を築くためにとりあえず入れ。」「暇人が集まるから暇人は入れば?」などサークルにマイナス寄りなイメージを言ってきた僕ですが、活動自体をやりたい人にとってはサークルや部活はこれ以上ない環境だと思います。

そのような人は是非サークルや部活に夢中になってください。
だらだら飲んで遊ぶだけがサークルではありませんから安心してください。

 

サークルに入れば彼女ができる?入らなければ彼氏ができない?友達ができない?

ここまで読んで頂いた方なら僕の言いたいことはわかると思います。

サークルに入れば彼女ができる。部活に入れば彼氏ができる。なんて結局自分次第でしかない。

もちろん上で言った通り「サークルに入ればたくさんの人と関われる機会がある」から、魅力的な人だったらすぐに彼女彼氏ができるだろうし、魅力がわかりにくい人も関わってるうちに魅力に気づいてくれた人と付き合える。

自分次第っていうのは、今ま付き合えなくて何も変わろうとしてない人はこれまで通りできないし、今まで付き合えてる人は普通に人間関係築ければサークルなんて関係なく付き合えるしもちろん友達もできる。っていうこと

「サークルに入ったから付き合える」ではなく「人と関わる機会が手に入ったおかげで、付き合える可能性が増えた」だけ。
そして人と関わる機会はサークルや部活だけじゃなくて、授業やバイト先などいっぱいあるし自分で作れる。

 

「サークルに入ったから彼女ができる」っていうのは僕のブログで共通してやめたほうがいいと言っている

「いい大学に入ったからいい企業に入れる」

「部活に入ったから就活や受験に有利」

という思考停止な考えと同じです。

続く関係を作るのはいつだって自分次第です。頑張ってください。

【入学前に知っておきたい】部活は就活に有利なのか、就活で成功するために何をするか

2018.03.24
スポンサーリンク
Pocket

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

ぐってぃ

地方の公立大に通う2年生です。 新卒でニートになるために日々精進しています。   高校生の時に禁止されていたバイトをひっそりとやって貯めたお金でタイとカンボジアに1か月間一人旅をしてきました。     過去の自分に教えたかった、知っていると得するようなことを恋愛、学問、就職、人間関係の視点から発信します。   ツイッターでもブログに書かないような細かい日々の気づきを発信しています。 フォローしていただくととても喜びます。